スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ココロ、開いて
昨夜、久しぶりにスタジオでフルプライマリー(レッドクラス)。
スタジオに行けなかった間、家で練習はしていたもののせいぜいハーフの途中くらいまでだったし、ここ1週間近くマイムーンデーでそんな練習自体もお休みしていたし。
コテンパンにやられるだろうなあ…と思いつつ始めたら。あっという間に終わってしまった!もちろんブランクのせいで(?)、ウールドヴァ・パドマ・アーサナとピンダ・アーサナ辺りはボロボロ、ヘッドスタンドも途中で崩れてしまった。でも、気分はいい。自分を見つめる、というより、とにかく体を動かせ、自分の体を見つめろ!だったなあ。そう、無我夢中。気がつけばセツバンダ、みたいな。いいのかわるいのか。練習としては暴走気味だったから本当はいけないのかもしれない。でも私自身としては「リセット」なのだ。よし、またここから!な気持ち。
今日は幸せな筋肉痛なのだ。


最近、バックベンドをすると、とても気分が軽くなることに気がついた。
大きく胸を開いて。
Open your heart.

正直なところ、決して楽なアーサナではないけれど。いいよね、これ。
ヨガとアサナ | comments(0) | trackbacks(0)
Sama Sthiti


サマスティティ(タイトルはそう読む)でスタートするんです。そういえば…と思ってYouTube。なぜ今まで気づかなかったんだろうあたしのばかー!!
グルジの若いころ(といっても軽く70は過ぎてるんじゃないだろうか?)な動画とか、ワークショップの風景とか。思わず一緒にヴァンデーグルナームチャラナラヴィンディー(始めのマントラ)って唱えちゃったりして。
アシュタンガのデモを見つけたのでどうぞ。始めの2〜3分が太陽礼拝(スリヤナマスカラ)です。こんな風にキレイに出来たらサイコーだろうなあ。見ているだけでサマーディですわ。
実際ね、コレだけ動いていても、聞こえる音といったら呼吸と衣擦れくらい。ジャンプバックのときに足をつく音はするかな?



そしていきなりですがエンディング。






今夜はスタジオに行く日なのです。
今日はハーフなのかフルなのか…ドキドキわくわく。
ヨガとアサナ | comments(0) | trackbacks(0)
毎日、生きて死ぬ。(ワークショップ感想)
3月31日のアシュタンガヨガ・ワークショップに参加したときの感想をば。向こうのブログとほぼ同じ内容だけど、心持ち補足してあったり。

いつも通っているヨガスタジオが主催のケン先生のワークショップに参加してきた。
気持ちとしてはマイソールクラスなんだけど、事実面を考慮して入門クラスに参加。
ケン先生に質問したいことあったのだけど、結局出来なかった。予想される例のあっさりめな言葉(笑)に食い下がるシミュレーションさえしていたのに。何故質問できなかったのかというと、怖気づきというのはいつものことなんだけど、今回は前回と雰囲気が違っていたから。これからアシュタンガをやっていきますよ〜みたいな、うん。本当に入門クラス!という空気(アシュタンガは初めて!という人が2人いた)。自分の質問はえらくスレた内容のような気がして。(と思うこと自体がスレている証拠だ!)
この次は必ず質問しようっと!

ケン先生の話を一通り聞いて。さあ実践。今回驚いたのは、ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナがすんなりできたこと。右股関節と太ももの筋を痛めているのでなかなか開脚できないんだけど、すーっと開くことが出来た。もしかしてこれがきっかけで楽になるのでは! しかし家に帰ったらやっぱり痛かった・・・無理してないけど無理は禁物。


アシュタンガヨガのアーサナの流れは人生のそれと同じだ。と、ケン先生はおっしゃった。
なるほど〜。
でも、まだフルプライマリーまで行かないんだよね。行かないじゃなくて行けない、のだ。クルマアーサナまで行ったらフィニッシング。ウップルティヒは意外と好き…(つらいけど!)


毎朝、生きて死ぬ。
たった1時間半の一生。くりかえしくりかし、そのうち見えてくるものはあるのかな。見えてくるのはなんなのだろう。
子供の頃、夜空の星について父親から聞いた話を思い出す。
アイスを食べているこの私は、どこかの星の人の目には大昔のことになってるのかあ…ってね。大昔どころか、その星の人の目に見える頃には、自分は影も形もなくなっているというわけだ。
トカナントカ。
目に見えない小さな粒になった自分とか。
毎朝、生きて死ぬ という言葉にそんなことを思い出した。
ヨガとアサナ | comments(0) | trackbacks(0)
人生はワンツーぱんt(ry
遅まきながら12月2日のワークショップの様子を。

私が通っているスタジオのワークショップ(講師はケン先生!)、今年は最後だし参加せねば!な勢いで行ってきました。
もちろん入門クラスで。マイソールクラスへの道は遠い…。O先生(スタジオの先生)はマイソールもやってみるといいよ〜なんておっしゃってはくれますけどね、見学だけで十分ですよ!って人間がうかつにやっても実にならないよなあって、思ってしまううちは、やっぱり参加しちゃダメだよなと思うのです。諦めているんじゃなくて、まだまだがんばるから待ってて!みたいな(笑)。
ともかくアシュタンガ入門。季節がらなのか、今回はいつもに比べて参加人数が少なめだったので、ほぼ一人一人に対してケン先生の指導があったのです。うわびっくりでも嬉しい!
私はしょっぱなから、ええ、スリヤナマスカラのダウンドッグでいきなりアジャスト入りましたしね…。自分のアサナがゆるすぎることを実感しましたとも!というか、バンダがまだまだなんだろうな。
スリヤナマスカラのAとB、それぞれ5回ずつ終わって、スタンディング〜なんですけれど、色々指導をうけました。それこそ、バレエのバーレッスンよろしくバーにかかと乗せて前屈とか(ウッティタハスタパーダングシュターサナの練習…)。骨盤を上げないで股関節を開くというのを実践です。これ、すごかったですいろんな意味で(笑)。

そのあと、ケン先生は「ここのマットの人、来て」と順番にその人の弱い部分を指導。
いつも一緒のクラスの人はチャトランガからアッパードッグへの動きについて。私もここはおなかがついちゃったりするので要チェックでした。
そして私。
今回、痛恨の一撃とでもいう指摘を受けました。指導の前に指摘。私の肘、柔らかすぎて、腕を伸ばすと回っちゃうのです。いわゆるサル腕というものです。
「今のままだと、その腕はあと2年しか持ちません。でもきちんとやればあと60年持ちます」
というケン先生の言葉。
しかし。肘を回してしまわないようにするとなると…
「プルプルしない!もっと肘を外に回して!」
ひぃぃぃ…アッパードッグの姿勢で肘の向き矯正!!!!肘を外に曲げるような気持ちで。これが、私にはとてもとても難しい!!!

多分、今回のこの指摘で、本当は奈落の底のどん底気分のはず。でも、なぜかそうはならなかったのです。すごくショックだったんだから、そのままだとあと2年て!アシュタンガできなくなっちゃうの?って。
だけど。今(じゃなくてもう10日近く前だけど)、わかったんだからいいじゃない。これから少しずつがんばればいいじゃない。
3歩進んで2歩下がる〜♪
振り出しに戻ったわけじゃない。1歩は進んでいるのだから。
誰かは1年でフルプライマリーをマスターできるかもしれない。同じクラスのあの人は来年はハーフプライマリークラスに行ってしまうかもしれない。
私は来年も入門クラスかもしれない。
でもいいんだ、人それぞれ、私は私、あなたはあなた。自分のスピードで進んで行くんだもの。
言い聞かせるのではなく、すうっと自分の内に上記のようなことが入り込んできて、
「ヘンな課題もらっちゃったなあ!わはは!!」
なのでした。

そんなケン先生のワークショップ。今回もとても楽しく厳しくちょう有意義でした。
2日の内容が濃すぎて、どこから手をつけてよいのかわからず、まとまらない!まとまらない!もういいやこれで!!とUPしてしまいました。

えーと。おまけ。犬関係(笑)のポーズとか、スリヤナマスカラ(太陽礼拝)の図はこちらからどうぞ→
パワーヨガの太陽礼拝だけど、ほとんど一緒だからいいかしら…(テキトウな!)
この図の5番がチャタランガダンダアーサナ
6番がアッパードッグ(サンスクリット語名忘れました…)

さて、今夜もがんばりますよ!(月曜はヨガスタジオへ行く日)
ヨガとアサナ | comments(0) | trackbacks(0)
千里の道も一歩から
そういうわけで、のらりくらりとヨガを始めて1年とええと…(最初4月だったから…)9ヶ月目なんです。
ヨガを始める前は、前屈もまともに出来なかった私。立位の前屈はどんなに手を伸ばしても床にかすりもしない!というくらいでした。そんな状態でスタートだったのですが。
今は普通に手を両手を繋いだままかかとの向こうに引っ掛けて前屈できるようになりました(パシュチモッターナ・アーサナhttp://www.yoga.jp/pose/search.php?keyword=%91O%8B%FC&num=10&StartRow=1の6番目)。
ポイントとしては息を吐きながら、お腹を引っ込めて体を倒す。頭や手を足先につけるのではなく、お腹からつけていくようなカンジで、です。息を止めてはいけないです。きついと気持ちいいの中間がベスト。無理することはないんです。
息、呼吸。ヨガでは呼吸が重要ポイントです。
でも、ネットでヨガを紹介するサイトを見かけるのだけど、ポーズのとり方を説明していても、呼吸には何も触れていないサイトをたまに発見します。
呼吸について説明がなかったら、ただのストレッチじゃん!て思うんだけど(笑)。

私もヨガを始める前は、ヨガって体をやわらかくするものだと思っていたから、似たようなものかな。始めるきっかけは、とにかく体を動かしたい!ただそれだけでしたから。
それがいつのまにか!
朝起きたらマット(ヨガマット)敷いて、すーはーすーはー(呼吸)しながら太陽礼拝(スリヤナマスカラ)。AとB5回ずつで大体10〜15分くらいかな。この季節でも終わった後は額から汗かいてます。
傍から見ると怪しいのね、この呼吸。アシュタンガではこれが基本!なウジャイーブレス(胸式呼吸)。口は使わないで鼻から吸って鼻から吐く音がすーーーはーーーーと、どっかのSF映画の黒い人のようですが(笑)。鼻から吐いてもはーーーってなるの。落ち着くんですってこれが。

ダラダラはじめ今もダラダラ…でも、ちょっと意識が変わってきたかな?です。
始めるきっかけはストレッチでもダイエットでもストレス解消でも何でもいいんだと思うんです。続けていくうちに「ん?」って感じるようになったら、それがヨガの道スタートじゃないかなあと思ったのでした。
(いやさ、mixiで、ヨガの何たるかをアツく語る人を見かけてね。それじゃみんな引いちゃうじゃん?最初からそんなんじゃ疲れちゃうってーなんてね。ヒヨッコのあたしが出る幕じゃないから黙ってROMってたけどw)
ヨガとアサナ | comments(0) | trackbacks(0)
murmur
Profile
Search this site
Advertisement
DAILY MOON PHASES
CURRENT MOON
moon info
MAILFORM